タグ「沖縄県中頭郡北中城村 HSTI骨格調整所 月の庭の症例一覧」が付けられているもの

僕の音楽仲間のギタリストから腕の痛みの相談を受けたのが2014年のライブハウス ヒューマンステージでの新年会。それぞれ出席者が新年の挨拶や近況報告のようなスピーチをしながら会は進み、彼にもマイクが回っていきました。海外のバンドともビッグステージで競演した経験をマサ一撃さん。

全国にも名を轟かす轟音バンド地獄車や鉄カブトのギタリストです。 彼はスピーチの中で「腕の痛みがあるため、自分がイメージする演奏とは程遠い状態だ、だから引退しようかと考えたこともあった」と。

指のしびれ 左手薬指のしびれと肩の痛み

HSTI骨格調整所 月の庭がオープンしてから9月で3年になりますが、最近は一年前、二年前に来所されていた方々が再び来て下さる例が増えています。自分の過去の仕事を振り返りながら、さらに良い施術をこころがけて行こうと気が引き締まります。
知人の紹介で2014年2月から来所されているBさん20代女性(沖縄市)の過呼吸、そして「心が不安定」な状態。精神科医には「自分で自分を追いつめてるだけだから病気ではありません」と言われたそうですので、病名はありません。
 O脚で悩む乙女は多いんですね。 毎週、半強制的に?うちの両親には骨格調整を施しているのですが、先日から妹が加わりました。「いつも娘の面倒をみてくれたりしているので、ここはお返し」ってことで施術に入りました。
つい先日宮崎県から妊娠9ヶ月の妊婦 Aさんがみえて、「従兄弟が出産した時に、HSTI骨格調整法で逆子が治ったそうなので、私もきました」とおっしゃるので「本当に逆子を正常な位置に戻すことができるのか?」と想いながら施術をさせて頂きました。
沖縄地方は梅雨に入り、新規のお客様の中にも頭痛や偏頭痛でお困りの方が多く見受けられます。今回は頭痛が改善し、その後に迎えた初めて梅雨時期を快適に過ごされているAさん30代 女性 事務職(宜野湾市)の頭痛改善例を紹介したいとおもいます。 

インターネットでHSTI骨格調整所 月の庭を見つけて頂き、頭痛の改善のため施術に来られていましたAさん30代女性(宜野湾市)の方の改善例です。

僕も40歳になりまして、以前から2週に一回は頭蓋骨の骨格調整を受け、日頃の身体のメンテナンスをしているのですが、ノーマークな場所に痛みが出てしまいました。

偏頭痛 頭がモヤモヤしていて、不眠、不安症。

明けましておめでとうございます。今日は2014年2月1日ですが、沖縄では旧正月を祝っています。昨日は旧歴の1月1日でした。ということで気持ちも新たに今年一回目の症例ブログをお届けしたいと想います。
10年前に乳がんの経験があり、頭のモヤモヤや、頭痛、不眠症など様々な不安を抱えて2013年11月に来所頂いたAさん女性(40代)。
今年の5月に知人の紹介で来所されたAさん 50代女性(宜野湾市)。
 今年の5月に右の上腕骨、肩に重みのような痛みがあり、病院に行き、医師に「石灰がたまっているからね〜、しょうがないね〜、加齢によるものですね〜」と言われて、落ち込みはしましたが、インターネットでHSTI骨格調整所 月の庭をみつけて来所されたAさん50代女性(沖縄市在住)。  

以前に腰痛で来所されたYさん30代男性、順調に改善し最近は頭部やお顔の調整をJ3という施術方法で進めおりました。慎重は172 cm 体重100Kgの立派な肉体です。

肩こり 「先生効いたみたい!」と嬉しいコメント。

6度の施術ではビクともしなかった肩こり。7回目の来所時にやっと「先生効いたみたい!」と嬉しいコメント。
「昨日NHKの『ためしてガッテン』という番組でメニエール病のことを取り上げていたよ」と言いながら自らも苦しんだめまいや耳鳴りについて、今では笑って話されるAさん女性60代(うるま市)。今日は彼女のメニエール病と耳鳴りの症例改善例をお伝えします。
首の痛み 頸椎ヘルニアに改善の兆し エアロビクス、ピラティスのインストラクターさんの首の痛み 首を上下に曲げたり、回したりすると痛みがあり、常に首まわりがスッキリしない症状を長い間抱えてこられたAさん(40代女性スポーツインストラクター宜野湾市在住)。
めまい、不眠症、首、肩こりの症状をお持ちで友人に紹介されて来所されたAさん40代女性(豊見城市)。 この方のめまいの改善による症例改善ブログです。
 当店のお客様に紹介されて来所されたAさん40代女性(豊見城市在住)の回転性めまいの改善例を記しておきます。  
以前勤めていたHSTI骨格調整シャトル・ケアで僕が担当していたお客様からの紹介で来所されたAさん(女性40代北谷町在住)のお話。
踵(かかと)の痛みがあり、階段の昇り降りも痛みでままならない状態だったAさん30代男性(北中城在住)のお話。

Aさんは木工職人をされていますが、出勤時に自宅の階段を降りる際にご家族が心配するほど右足の踵(かかと)をひきずるような形で歩いていたようです。併発している症状としては腰痛。施術を進めながら後々わかった症状に頻尿(過活動膀胱かかつどうぼうこう)がありました。
  1 2 3 4 5  

HSTI症例カテゴリ