中学生の頃からずっと首痛と肩の痛み・肩こり、上半身が全部固まっている感じで辛かった

首から肩にかけての痛みと違和感、肩こりに悩まされていた18歳女性Sさん。「中学生の頃からずっと首痛と肩の痛み・肩こり、上半身が全部固まっている感じで辛かった」とおっしゃいます。また左肩を動かすと肩甲骨の内側でボキボキゴリゴリと音が鳴る症状もありました。
どの姿勢が正しいのかわからずに身体に力がはいり力んでしまう事、そして噛み合わせが悪く顎関節症にもお悩みでした。

お顔をぱっとみただけでもほお骨の高さが左右で違い、身体も骨盤がねじれ、辛そうな事が伝わってきます。首から肩にかけてはカチコチとこわばった感じがあります。これでは肩こりがあるのも納得、首痛と肩の痛みがあるのも当然でしょう。

骨格の歪みをチェックし、施術スタート。まずは後頭骨4番の左後ろからじんわりじっくりと骨を正しい位置に戻します。「顔の前後の幅が変わった気がします」とSさん。

初回は4−7ラインにて施術。主に、頸椎、肋骨、骨盤を調整しました。

施術終了後起きていただくと、ほお骨の高さがほぼ左右でシンメトリーになり、「身体に変な力が入らなくなりました!首痛や肩の痛み、肩こりも楽です。」と喜んでいただけました。


2回目来所時にも身体が力まない状態をキープ。ほっぺたを膨らませると顎の後ろに空気が入る感じもあったそうなのですが、それも無くなったそうです。

2回目も施術中はぐっすり眠っていたSさん。「首痛や肩こりも楽。仰向けで寝るのも楽になりました。」と喜んでお帰りになりました。



HSTI症例カテゴリ