2011年3月

空咳の原因はたばこの吸い過ぎではなかった

「たばこの吸い過ぎだから」
そう言って、 ゴホゴホと空咳をしてても気にしてない様子だった 30代男性Tさん 。施術後
 Tさん「あれ?なんか息がしやすいみたい?」

骨盤矯正でジーパンがゆるゆるに

「やっぱりジーパンがゆるゆるに緩くなってる!」初回の施術後の帰り際に 
「なんかジーパンが緩くなってるかも」
と、話していた彼女は 2回目の骨盤矯正施術終了後、確信しながら話してくださいました。

つらい気管支喘息発作、骨格調整でおさまった

病歴に気管支喘息があり、気候の温暖、寒波に体調を悪くし
「久しぶりにゼーゼーしている」と来店された60代の男性。

免疫力アップで膀胱炎から脱出

からだが痛いってわけじゃないけれども、いつもだるくて、疲れるとすぐに膀胱炎になってしまうというAさん。
風邪を引くたびに、抗生剤を処方してもらうそうです。
杖をつきながら来店されたSさん。
歩く時、ちょっとの動作でも、股関節と背中に電気が走るような痛みがあるそうです。股関節痛が出始めたのは2年前。
中学生の男の子が、学校で骨格調整士に身体のゆがみを調整してもらったことがきっかけでHSTiに興味を示し、腰痛で悩んでいたお母さんを押し勧め来店したお母さんYさん。
杖を使ってビッコひくような歩き方でいらっしゃった82歳のNさん。 
症状は、左足のしびれ、左股関節痛、腰痛(椎間板ヘルニアを発症)
ゴルフをする度に、腰からお尻にかけて鈍い痛みが2,3年前からあり、ここ最近、朝起きた時でも腰痛がでるようになっていました。

五十肩になってたのは20年以上前の尾骨の強打

五十肩 ということで、肩の痛みを訴え来店したお客様。
右腕も上がらず、着替えるのもつらいそうです。

立ち仕事をしていると、女性はとくに、足のむくみが気になりますよね?

むくみを放っておくと、足の裏がジリジリしびれたような感覚になって痛くなります。

足のしびれと腰痛が1回の調整で緩和

腰痛、肩こり、目の疲れ、膝痛、右足のしびれ、手首の痛み、等々 あちこちの痛みの症状で来店されたお客様。
「お尻から足首までしびれるような痛みがある。」 
と険しい表情で、足をひきずって来店された坐骨神経痛のお客様。
 股関節痛から足のしびれまであり、脚全体に痛みがある状態です。
来店初日、肩こりが強く、首は右向き、

上にあげた時に痛みがあり、のぼせがあり顔は赤味、

逆に手足は冷たくしていました。
私は、骨格調整以外は特に特別な治療はしていません。
私のアトピーとヘルペスになっていた原因は頭部右側,側頭骨の歪みからだったのです。
20代後半 男性  
症状:アトピー 体のだるさ
Mさん「施術のあとから、しばらくはかゆみも落ち着いて薬も飲まなくても平気だった!」
その後、数回ほど頭部の調整をしまして、だいぶ調子が良くなっていると言っています。

膝の痛み、膝が伸びない、正座が出来ない

Oさんは左膝が伸びなくて、痛いといいます。 
Oさん「膝の痛みで動くのもしんどいのよ、立つ時には手で支えないと立てなくてね 、この膝だけでも楽になりたいの」

膝の痛みの原因はチューバだった?!

20代 Rさん「膝痛があって、脚にずっと違和感があるんです。」
膝の痛みの原因は重たいチューバを何年もふともも部分に乗せていたからかもしれない。。  
空手をしている人は手足を何度も打ち付けるので、
Mさんも何度もキックをした方向に、すねの骨がゆがんでいました。 
ケガが多いMさんは、背中の痛みと体の不調もたくさんあります。その原因のひとつに足のゆがみも関係がありました。

脊柱管狭窄症でしびれ

50代女性 Oさん 「病院では、薬で痛みが取れなければ手術をするように勧められてるのですが、手術するのが怖くて悩んでいるときにこのお店の話を聞きまして、ここで治るならいいなと思ってます。」と1回の調整でしびれが軽くなりました。

腰痛 尾骨のゆがみ

Nさん 50代女性は幼少の頃のお尻強打で尾骨がゆがみ、腰痛になりました。レントゲンでみるとはっきり尾骨がゆがんでいるのがわかりました。

むち打ち症で上がらなかった五十肩の腕があがった!

最初は首の痛み(むち打ち症)で来所されたのですが現在は改善し、未病予防、全身の骨格をゆがみのない状態にするために通われています。首痛以外に五十肩もあり、それも改善したのでご紹介します。

介護の仕事で肘の痛みがでていた。

Hさん40代女性は日頃介護の仕事で年配の方を片腕でささえています。また昔の部活の野球肘の影響が肘の痛みの原因でした。

ボウリングで腰痛になった。

日曜日の朝 〇さんは腰痛で、しゃがめない状態でいらっしゃいました。「最近腰が痛くて 東京で行われるボウリングの大会辞退したんです。」ボウリングでできた腰のゆがみがきっかけで腰痛に。1回の施術で腰痛が取れたエピソードです。
サーフボードが頭の右側のこめかみに強くあたり、それ以来頭痛、アゴの痛み、口が開けにくいという症状がでたSさん。
「中学の時から肩こりがひどくて、頭痛と吐き気がよくあります。」
と話されるのは、高校生Rさん。いつも鎮痛剤を持ち歩いているそうです。

曲がった膝を整え、膝の痛みから解放する

「座ったり、横になったりした後に立ちあがると右の膝の痛みがでます。ひどい時は引きずって歩いています。」
Sさん 女性 60代
 今回の症例はバンドで音楽活動をしドラムやベースギターを演奏する方Aさん
20代男性の腱鞘炎について報告させて頂きます。

お身体の悩みがあると楽しい趣味や仕事も楽しむのが困難になってきます。
そんな方々に参考になればと思い、今回の症例を紹介致します。
手首の痛みや腱鞘炎はパソコンユーザーにも多いのでぜひご覧ください。


 お顔のゆがみや目の高さの違いなど、美容的な観点からの
悩みをお持ちのお客様にお役に立てればと思い今回のブログを書いております。

 エステ感覚でHSTiをご利用されるという方もいらっしゃいます。
それでは綺麗になるためのお手伝いブログをどうぞ。

 腰痛を訴えてご来店される方の中でも多く見受けられますのが、実はお尻が痛いという症例です。
読者の皆様にもこのようなケースの方がおられると思いますのでぜひ参考にして頂きたいと思います。


 顎関節症に関する症例ブログですが、
今回はご本人の出産状況に大きく関係する症例です。
逆子でお生まれになった方の場合、独特の歪みが生じます。

 それが原因で首や顎にどのような影響を与えていたのでしょうか?


肘の痛み サル手になっている、骨盤にも影響が?

 子供の頃、高い所からジャンプをするという経験は、けして珍しい事ではありません。
しかし、その衝撃とはどこへ?手を突いたり、衝撃を吸収するために生じる身体の
歪みはどこへ現れるのでしょうか?

ここでは肘の痛み、通称サル手と呼ばれるほどの肘の歪みの症例ブログです。
 痔の症状(切れ痔)でお悩みの方 40代男性
長い間悩まされてきた痔を改善させたいという強い思いに応えたい。
そんな施術、症例ブログです。








手足のしびれ 大好きなボーリングを続けたい

 ボーリング好きなUさん女性。
Uさんは日常生活と大好きなボーリングに大きな支障をきたす腕のしびれに頭を悩ませていました。
そしてお薬との付き合い。さて今回の骨格調整にどんなドラマがあるのでしょうか?
『ガッツ』という言葉の意味は英語で内臓という意味を含むのだそうですよ。
ガッツ、すなわち肝臓などの内臓器官を圧迫する肋骨の歪みがあると、
だるい症状や慢性疲労から逃れられません。さぁ、骨格調整で本当のガッツを手に入れて頂きましょう!

顎関節症 あごの歪みは側頭骨の歪みに関係する?

 今回は症例ではなく、あご、顎関節症の方々に多くみられるケース
のご紹介です。あごが歪む場合、土台にある頭の横の骨、側頭骨に
歪みが確認できます。その関係性に触れています。






四十肩/五十肩 手染め紅型職人の右肩痛の悩み

 沖縄で新しく紅型職人として人生をスタートさせた40代男性の四十肩についての症例をお届けします。
紅型職人の方にも読んで頂き、参考になれば幸いです。







 頚椎ヘルニアで来店された方の症例です。この首というところは、
身体の部分でも細くなっているところなので、直接打撲したという方は
実は少ないというデータがあります。

それではなぜ首は痛くなったり、頚椎ヘルニアが起こるのでしょう?
どこか他に原因があるのでしょうか?





 仕事にも支障がでるほど背中の痛みでチリチリとした違和感を訴える40代男性Aさん。
かつて交通事故でわき腹を強く打っており、その影響が長年知らず知らずのうちに
ご本人に症状をもたらしていたのです。今回は朝の倦怠感にも関わる症例です。


四十肩「ちょっとぉ先生、まだ私30代ですけど(怒)」

 四十になると必ず四十肩になるとは限りません、五十肩にしても同じ事が言えます。
今回は三十代の女性が四十肩になってしまったのか?と少し落ち込み気味に来店されたときのお話です。
さぁ、肩の痛みの原因とは?



2010年夏の甲子園 沖縄 興南高校と福島県の聖光学院との対戦中、
9回表2アウトのところで、シャトル・ケアの戸が開きました。
日頃この辺りを車でよく通ることが多いというお母さんに連れられ、
野球肘の痛みに悩む、真っ黒に日焼けした一年生エースが前触れもなく現れました。

「わたしね、胸が痛くなると、心臓がどうにかなっちゃうんじゃないかって心配で夜も眠れないの。病院に相談すると、自立神経失調症と言われて、お薬も飲んでいます。」
不整脈で心臓に問題があると指摘され、時折の動悸が不安なHさん。

HSTiの施術を受けられる前に

ご本人様が、できるだけ記憶を辿って打撲暦を思い出して頂けば

頂くほど、症状の原因究明と改善はスピードアップします。

今回の腰痛を改善させるヒントは『血圧が高い』という事でした。

膝の痛み 自転車の車輪に足首を挟んでしまった記憶

 ある20代女性のお客様Yさん。彼女は2009年に市民マラソン大会に出場した際、
競技の最中に右膝の痛みになったそうです。この膝痛を改善させる手がかりは
O脚がヒントになりました。そしてO脚になるほどの、強烈な足のねじれを生んだ原因は、
幼い頃に自転車の車輪に足首を挟んでしまったことが原因だったとは・・・
 
 





肩こり 身体を揺らして良くなった。

Aさん 40代男性 「肩こりで電話してるんですが、お店のそばにいるんですが、今からできますか?」と、営業の仕事の合い間にいらっしゃいました。 肩こりはバランスをとって肩がゆがんでいたから起きていました。
 朝起きたら、突然の腰痛がおきてしまったという30代女性のお客様Aさん。
中3の時、木の上や屋根の上から飛び降りたことが、今頃になって突然の腰痛に!
 実は腰の骨ではなく、骨盤の中のお尻の骨、仙骨が痛み原因だったのです。



顔のゆがみを整えてパニック症が改善された

Tさん30代男性は「会社の上司にキミの顔のゆがみが気になるから、骨格調整に通うように言われまして来ました!」。帝王切開で産まれたことによる顔のゆがみを整えてパニック症が改善されました。
運動会まであと1週間で、むち打ち症になってしまった6歳A君。

仙骨のゆがみをもどし便秘解消に

1週間ほど便秘が続き、お腹がよく痛くなると話されるHさん。
お腹のハリがでると痛くて、冷や汗もかくほど気分も悪くなります。
先日、風邪をひいたお客様がいらっしゃいました。
熱はないが、のどの痛みが強く、肩こりや関節痛が激しいとのこと。
スポーツ熱心なMさん。
卓球大会の目前で右肘の痛みが出てしまいました。

出産後にでてきた鈍い腰痛、骨盤矯正で改善した!

OOさんは去年、無事出産し子育てに奮闘中のお母さん。 産後の骨盤矯正も兼ねて、骨格調整を受けられていますが 久々に鈍い腰痛が出てしまいました。
毎日赤ちゃんをだっこ。「腱鞘炎かしら」と手首の痛みがつらく来店されたAさん。

膝の痛み、腰痛でコアに通われているTさん。

膝の痛み、腰痛でコアに通われているTさん。 過去に、運動中ほかのプレーヤーと接触し、"ひざのお皿"を脱臼したことがありました。

看護師の仕事の姿勢が原因で頭痛になっていた。

知り合いのご紹介でいらっしゃいました40代女性〇〇さん。話を伺うと、産後から頭痛と肩こりが起きているとのことでしたが、看護師の仕事の姿勢が原因とわかりました。
ストレスが溜まると、メニエールの症状が出るという男性。
仕事中、いつめまいに襲われるのかが心配で仕事に集中できない状態もあるとのこと。

ゴルフ肘 右肘の痛みは練習のしすぎ?

Hさん40代男性 「ゴルフレンジで練習してたんだけど、右肘の痛みで途中でやめて来たんだよ。ちょうど帰り道にここがあったから、見てもらおうと思って。」ゴルフ肘の症状を訴えてのご来店。

背中の痛みが頭部の骨格調整でとれた

昨日朝起きてから急に背中の痛みがでたSさん。
本人はなぜ痛くなったのか分からない状況でした。

めまいが無くなり不安を解消

昨年から毎日、のぼせ、めまい、頭痛があり、
頭がボーッとするので動きたくなくなり、ひどく疲れてしまうそうです。

ぎっくり腰は顔を洗おうとした時になった。

40代男性〇〇さん「先日 娘を学校に連れて行く時、下り坂で足を滑らせて右足でこらえたんです。その時ぐぎって音がしたんですがなんともなかったのです。でも翌日の朝に洗面台で顔を洗おうとしてかがんだらぎっくり腰になってしまいました。」

顔を左に傾けるとボーッとめまいがする。

50代女性〇〇さん「年明けてから顔を左に傾けるとボーッとしてめまいがするんです。去年の6月に1度めまいがあったのですが、その時は検査で異常なしと診断されました。」

首痛と上腕神経痛の原因はバイク事故

介護の仕事をされている方で、日頃から腕や肩をつかっていること、またバイク事故で転んだことが原因で左肩がゆがみ首痛と上腕神経痛を引き起こしていました。

交通事故でゆがんだ頭。これが原因で腰痛に。

Sさん 女性50代は3年前からおしりのしたあたりの腰痛と右足首の痛みでご来所くださいました 。原因は交通事故でゆがんだ頭蓋骨。

突然の太もものしびれで歩けなくなった。

お母さんに抱きかかえられながら小学1年生のT君はやってきた。左太ももの内側に電気のようなしびれが走り、歩くことができないとのこと。これは出産時の頭部のゆがみが原因でした。
Nさん 50代男性は2か月前から 右半身がしびれているとのこと。 3ヶ月前に脚立から落ちて、背中を強打 肋骨5本骨折し神経を圧迫したのが原因でしびれるようになりました。

模様替えでテレビの位置を変えてから腰痛に

Gさんはジョギングがご趣味なのですが、最近、腰痛が気になり、走るのを休んでいた。そんなある日、HSTI骨格調整のチラシが自宅のポストに入っていたのです。
むち打ち症/むちうち 名前のとおり首が「むち」のように動き、損傷してしまいます。
さらにこの衝撃は「頭がい骨」までゆがめてしまい頸椎ヘルニアにも関係する。
50代男性〇〇さん 年末に背中の痛みで単身赴任先の病院に2日入院。帰省してからも背中の痛みがおさまらないのでご来店くださいました。

急な胃痛と背中痛に見舞われた母

トイレから出てくるなり、バタンと床に倒れてしまった母。
駆け寄ると「背中が痛いし、胃がムカムカする」急な胃痛と背中痛で険しい表情です。
小学6年生で頭痛が頻繁にあったS君のことをご紹介いたします。

変形性膝関節症 は、過去の沢山のケガが原因でした

変形性膝関節症で、鎮痛剤、湿布薬、塗り薬でしのいできた女性です。

動悸と不整脈がなくなり、身体が楽になった

動悸が激しく、心臓の手術を勧められているHさん女性の方です。
本人はあまり気づきませんが 身体は結構ゆがんでいるものです。
時々出てくる痛みが ゆがみの信号なのですが、自覚がありませんでした。
周りの人にすすめられ 身体を整え 背中のしびれ 痛みが改善された
70代女性 Mさんのケースです。 
椎間板ヘルニアと2年前に診断されたMさん。 手術も勧められていました。

腰痛で病院にいったら原因不明。

R君とお母さんは病院の帰りにいらっしゃいました。「腰痛と股関節痛で、先ほど病院で検査しました。MRIで調べても原因がわからないと言われまして......」

小学生の時から背中の痛みがあり、10年前から持病の肩こりや、足の長さが違うのが気になるというMさん。骨盤矯正をして肩こりは改善し、「痩せた?」といわれました!

車の運転の仕方が腰痛の原因に

K君 10代男性右腰痛につながる大きな怪我や打撲はないとのことで、体幹をみたらあの姿勢だと気付きました。

日頃の姿勢で腰痛になった.

お友達のご紹介でいらっしゃいました 40代女性〇〇さん 最近から右腰痛  右足のむくみがではじめたそうです。
 

生まれつき股関節が悪いと足を引きずりながら来店されたお客様。
長いこと股関節痛で足をかばって歩いていたせいか、お尻の膨らみが左右で違います。

腰痛の原因は、鼻をぶつけたことでした。

「鼻を打ったら気のせいか、その後、腰が痛くなっちゃって!」
 と腰をさすりながら腰痛で来店されたAさん。
50代、女性、 「いつもスッキリしない」と身体の不調を訴えるAさん。 
「もしかして、私、更年期障害かしら??」

長年の介護で脊柱管狭窄症になりしびれが

70代女性〇〇さん毎日介護で母親をベッドから畳に移動させていたら脊柱管狭窄症になってしびれがでるようになりました。


背中の痛みがあっても、病院の検査では異常なし

起床時の背筋痛、腰痛が2年前から有り、背中の痛みに耐えかねて来店された、Sさん40代男性です。

出産時の頭のゆがみが頸椎ヘルニアの原因だった。

Aさん  30代男性のケース 出産時に頭部を吸引分娩で引っ張られて、頭部がゆがみ、この影響で頸椎ヘルニアになっていました。

膝の痛みで、大好きなゴルフが出来なく困っている

左膝が痛く曲げにくいというお客様。日常的に膝の痛み、他にも、首が痛い、疲れやすい、などがありました。
「昔から太かったからこんな体型なんやと思ってたわ、骨のゆがみのせいやったんやなこれって、エステよりすごいやん」
骨盤矯正後、鏡に映るAさんは全身スラッと伸びてスマートになったAさんのエピソードです。

股関節痛が朝起きたら激しい痛みに増していた。

「左の股関節が痛くて」と、左足を少し引きずるようにいらっしゃったMさん。
階段の昇り降りはかなりつらく、強い股関節痛で来店。
30代男性のTさん。
腰痛のため上半身が前のめりになった体勢で腰をかばいながらコアにいらっしゃいました。

肩こり/ 原因が3年前の事故だなんて思わなかった!

1年8ヶ月前 肺腺癌が分かり手術 その後 肩こり 背中のつっぱり 手のシビレなど
肺の摘出で呼吸も苦しい。
骨格調整で色々な症状が改善された 70代女性 Aさんのケースです。

車の追突事故が原因でむち打ち症とうつ病になった。

40代男性  〇〇さん 追突事故のむち打ち症が原因でうつ病になっていたという症例です。
40代男性〇〇さんジェットスキーで横転した時、ハンドルに両腕が引っ張られたのがきっかけで首 肩がゆがみ不眠症になりました。

右脚を引きずりながらお尻から足先までの痛みとしびれに耐え、コアにやって来た70代男性のSさん。表情はとても険しかった。

頭痛/憂鬱な毎日 精神的にも参ってしまって....

頭痛で悩む多くの方が  薬が手放せない  いつ起きるか分からない頭痛に
憂鬱な日々を過ごす毎日。
精神的にも苦しくなり 診療内科に通うことに....
骨格調整で改善された 30代女性 Aさんを紹介します。


長年の椎間板ヘルニアによる腰痛から解放

いくつかのケガ、打撲歴があり、椎間板ヘルニアによる腰痛を引き起こしていた
Yさん 40代 男性 
目の周りのゆがみが、近視や眼精疲労を起こし実は『身体のだるさ』にもとても関係します。一回の調整で目の調子(視力)が良くなったKさん30代女性を紹介します。
Tさん 40代 女性
寝方が悪く背中の痛みに炎症が起き、ズキズキと出たのですが、
30分程の調整で痛みが無くなったのでご紹介します。

不眠症の原因は幼い頃の頭部の打撲でした。

今回ご紹介するSさんは、
高校生の頃から中途覚醒で、不眠症に
今まで20年以上も悩まされていました。

骨格調整で腰痛の痛み止めお薬を卒業!

「腰が痛くて仕事がキツイ」
最初は効いていた腰痛止めのお薬も、効果がじょじょに薄くなり、仕事に支障をきたしていました。

頭がい骨をたった一押しするだけで腰痛が消えた!

頭がい骨の調整をたった10分するだけで腰痛が消えた。
なんともラッキーなお客様がいますのでご紹介致します。
「運動すると股関節が痛くなるのです。」といらしたお客様。
好きな運動も、股関節痛で気遣いながらなので、本気で打ち込めない。

長い間 苦しんでいた頭痛 頭痛薬が手放せないほど。その原因は尾骨骨折。
頭痛なのにお尻が...? じつは頭痛と腰痛すごく関係しているんです!
お尻を打って骨盤が歪むと 頭部の側頭骨 肩甲骨 骨盤がバランスをとってゆがみ
頭痛 肩こり 腰痛まで引き起こしてしまうんですよ。
 
半年前から通われている○○さんが、先日激しい頭痛に見舞われ来所しました。

ぎっくり腰を起こした週末にゴルフが出来た!

先日、ぎっくり腰で来店された方がいました。
来店した時はベットにうつぶせになったり、 起き上がったりがとても苦しそうでした。

約40年間繰り返した腰痛

先日、「今朝から腰が痛い!」と急な予約が入りました。
中学生の頃に運動中に腰をひねって以降、
約40年間腰痛を繰り返してきたそうです。
「最近すごく眠りやすくなりました。前までは寝付きが悪かったので不眠症だったんだと気がつきました。」

四十肩とは?
1.
肩に痛みと運動障害がある。
2.
年齢が40歳以降である。
3.
明らかな原因がない。

「実は私頭痛がひどくて、薬を常備していなきゃだめなんです!ひと箱買っても、直ぐなくなっちゃうし、ひどい時は、三日間飲み続けるぐらいなんです。」

これほどひどかった頭痛も骨格調整をすることで、頭痛薬を飲まなくてもよくなるほどまで改善されました!!原因はスキーで転んでしまってできた頭の打撲による骨格の歪みでした。

 かなりタフなお仕事をされているKさん。打撲も日常茶飯事です。この日は機械で手首を負傷してしまい、腱鞘炎になってしまいました。手首の痛みがつらく、打撲したらすぐに伺うように以前伝えてあったこともあり、怪我をしてすぐにいらっしゃいました。

目の病気/ 子の顔がみたい・・弱視の未来へ希望を!

目の病気については、まだまだ研究の余地がありますが、頭蓋骨や身体のゆがみが引き起こす可能性は大いにあり得ると思います。 
40代男性のEさんは、健康診断で2型糖尿病とわかりインシュリン注射を考えているとの事。

糖尿病のゆがみについて

ゆがみから糖尿病があるのでは?と私に推測され、ビックリした表情のDさん。

この一年、更年期のサイン?かなと思うような身体の症状があるという40代後半のAさん。

生理もいよいよ止まるサインなのか、生理不順になり、ここ二ヶ月は全く来ないと言います。

30代半ば女性のBさんは、20代の頃からずっと生理不順に悩まされてきましたが、

ここ3ヶ月、生理がまた来ないことへ体調の不安を感じ紹介で来所されました。

生理痛/ 中学から続いた辛い生理痛と頭痛から解放!

40代女性のAさんが私の元へ訪れたときの顔色は、

あまり良くなく、ひどい生理痛と頭痛、身体のあちこちの痛みで、

一日に何錠もの痛み止めを飲みながら生活を送っていました。

死ぬほど辛かった生理痛が、たったの2回で改善!

生理痛に悩む20代女性のFさんは、10代後半から生理がくるたびに憂鬱になり

辛かったと言います。

骨粗鬆症/ レモンしゃぶりで骨粗鬆症予防を!

最近増えてきている骨粗鬆症、その骨粗鬆症の予防法と改善に役立つ方法のひとつとして、

HSTi骨格調整法では、たいへん有効なやり方があります。

「やったよーせんせい!」とはにかむ笑顔で微笑みながらやってきた

不妊症と思っていた40代目前のBさん。

腰をさすりつつ・・・それが妊娠超初期症状の腰痛だとは思わず、

最初は「体がだるい」と、来所、

たった一回の施術で「顔のゆがみ」が改善され5歳も若返った印象になた

50代前半の女性Bさん。

60代女性Aさんが来所したのは2006年の春、

はじめは骨のゆがみで良くなる事は信じられず、

とにかく長年ある「手のしびれ」「指先のしびれ」や「こわばり」が少しでも良くなるならと

淡い期待で来所。

うそ!信じられません・・空咳の原因が仙骨に!?

40代女性Nさんは、HSTi の骨格調整の常連さんです。

様々な症状も骨のゆがみを調整していくうちに改善し、気軽にメンテナンスにいらしていました。

本日は、空咳をしながら苦しそうに来所。

50代女性Cさんは、10年前からの腱鞘炎と頭痛、腰痛、膝痛、不眠症に悩まされ

紹介で来所されました。

痛い手首でありながらも、医療事務に携わる方で毎日パソコンの作業があり、

辛いと言います。

遠く沖縄まで施術にこられたYさん。

近視に加え、色覚のバランスが悪く、目の焦点が合いにくいと言います。

HSTi の骨格調整法でゆがみを調整することで、

少なくとも今より確実に改善していくはずだと、強く想い、

大きな希望を秘めながら着々と身体のゆがみを整え続けた結果、

2003年に前例のなかった緑内障の症例が出ました。そのAさんから頂いた言葉です。

長年辛かった、むくみの正体がわかった!

娘さんがHSTi施術でかなり改善した事から紹介を受け、

身体が元気になる♪事を「楽しみに」来所されたMさん。

 

特に、長年だるさを伴いながら、むくみが出る身体と、腰痛が改善されれば、

もっともっと若返って人生を楽しみたい!と期待で胸弾ませている様子でした。

40代前半の女性Cさんは、2人目を授かったとき【妊娠糖尿病】になり、

出産後も血糖値が安定せず、3年前からインシュリン注射を行っていると言います。

小学校5年生の女の子Yちゃん。

最近、急に黒板の文字が見えにくくなったというYちゃん。

 

子供の近視もなんとか出来ないかなと希望を持ち、お母さんと訪れた骨格調整。

いつも学校の帰り道に、私のお店へ寄ってくれていました。

症状: 顔面麻痺 40代女性Cさん

「先生〜、昨日から顔が勝手に動いてしまって...

病院へ行ったら顔面神経痛の薬を貰いました..骨の調整をお願いします」と、

常連さんであるCさんから電話がありました。

「私、以前はPMSでとても悩んでいたんです。

薬も飲んでいましたし、生理前に精神的に不安定になる事もありました。

それが今、無いんですよ...!骨のゆがみを戻してからです!」

HSTi骨格調整法を知人から聞き、紹介で来所された50代後半の女性Gさん。

 

この半年間、左足〜左足の裏までのジリジリ痺れる坐骨神経痛に悩まされてきたといいます。

病院へ行ってもなかなか良くならない...とのことで、

不妊症の治療を続けてこられた30代後半のBさん。

その日の予約は、骨格調整をスタートしてから約半年が過ぎたころでした。

 

「先生、どうやら...わたし、、おめでたしたようです!」と嬉しくもあり、

ちょっぴりまだ安心できない 不安も入り交じったご様子。

でも、目にはしっかり希望いっぱいの光がみえます。

17歳女性Aさんは、県外の有名進学校を希望する受験生でした。
生理痛がひどい彼女は、受験中に痛みで集中できないのではないかと..心配になり、
母親から「私のもとへ行って見なさい」と言われ、訳も解らず来た様子でした(^^)

その日、骨格調整の予約が入っていたLさんは、玄関のドアを開けるや否や、
「先生!聞いてください♪ 9月の健康診断で腎臓にあった石が消えていたの!

去年は4個もあったのに、消えちゃった!!!」
と興奮した様子で笑顔いっぱいに話しています。

Lさんが最初訪れた時は身体がとにかく疲れやすく、だるい、慢性疲労の状態でした。

50代後半の女性Rさんは、10年前から甲状腺の病気/甲状腺機能低下症が発覚し、

お薬を服用しているといいます。身体のだるさと、眠りが浅いこと、気力も出ないこともあり

紹介を受け来所されました。

背中の痛み・ハリを初めとした、諸症状に悩んでいた40代男性。
あまりの辛さに、眉間にしわを寄せてAZU骨格調整所にいらっしゃいました。
小学生の時、お風呂場で滑り転倒。 その後、視力低下・疲労感・背中の痛みやハリなどが始まったそうです。

股関節痛を訴えていた50代男性。 「半月前からランニングを始めたんだけど、最近、左の股関節が痛いんだよね」とおっしゃいます。 「今まで全然運動していなかったのに、急に頑張りすぎちゃったかなー?早くこの関節痛をなおして、また走りたいんだけど...」
「首が痛くて辛くて...。まるで釘が刺さっているみたいな痛みなんです。」と、頚椎ヘルニアを改善したくてHSTI・AZU骨格調整所にいらしたNさん、40代女性。 身体全体のねじれが大きく、全身が辛そうです。

産後の痔

出産後から痔に悩まされていた20代女性のケース。 打撲歴を確認すると、自転車のサドルに尾骨を強打したことがあるそうです。
1月から通い始めてくださった女性のお客様Tさん。はじめの主訴は腰痛や高血圧でしたが、2月に入りスギ花粉症のシーズンに突入。 「アレルギーがひどくて、朝起きた瞬間から花粉症でくしゃみが出て大変!」と辛そうです。
「肩が痛くて眠れない!四十肩を数年前に経験しました!」という埼玉県にお住まいの歯科医、Mさん。

HSTi骨格調整をうけて四十肩のような肩の痛みが改善されていった体験談をご自身のHPにて紹介してくださっています。

辛い腰痛の為、腰にはコルセットを巻き、車を運転する時にはまっすぐ座ってられないという30代男性 Sさん。 「運転する時、左膝をおりまげて右太ももの下に入れていないと腰痛がでてしまって...。変な姿勢だってわかってるんですけど...そうしていないと、かえってキツいんですよー」と、おっしゃいます。

長い間つらかった頭痛が改善

まだお若いのにずっと頭痛に悩んできたという20代女性のお客様。頭痛の起きる場所を確認すると、右眉毛と左右のこめかみ部分だそうです。

20代女性のお客様、Hさん。顎の痛み、顎関節症、噛み合わせの悪さを気にされていました。

打撲歴を伺うと、頭部や顔面の打撲もいくつかあり、顎自体も2回ぶつけているとのこと。これらの打撲が顎関節症に大きく関係していそうです。

むち打ち症の改善例

車の追突事故でむち打ち症になった50代女性。Oさん。「右胸の痛みがずっと取れなくてねー。首や背中や腰も痛いのよ。」とおっしゃいます。

むち打ち症になった事故の状況を伺うと自分が運転席に座っていて、シートベルト有りの状態の時だったそう。
第一子出産後、10年間、子宝に恵まれずにいた40代女性、Kさん。不妊症のことよりも、姿勢が悪い、腰痛、肩こりをなおしたいということがメインで、1年半前からHSTi骨格調整を受けにきていました。
「自立神経失調症なんです...」とお越しになった50代女性のお客様、Mさん。
自律神経失調症は、交感神経と副交感神経の2つから成り立つ自律神経のバランスが崩れた場合に起こる様々な症状の総称。
Mさんの場合も、めまいや手の痺れ、目の疲れ、集中力の低下、胸の痛み等の多くの症状にお悩みで、顔色も悪く、とにかく全身が辛いといった状態でした。

朝から腰や背中が痛く、夕方車に乗っているとムカムカとする胃痛/胃炎がはじまりました。「車酔い?」と思いましたが、車を降りても胃痛はまったくおさまる気配がありません。 夕ご飯もほとんど食べられず、何をするのもつらい胃痛。ただもう辛くて辛くて、お布団に入りました。
20代女性、Mさん。お顔を拝見した時に、顎の歪みが気になりました。顎関節症で、噛み合せが良くないことがすぐにわかりました。
ご本人に顎を打った記憶はないそうですが、顎自体に原因がありそうだったので 顎の歪みを細かく探っていくと...顎の下側に小さい傷を発見。

足首の捻挫が引き起こした腰痛

腰痛と背中の痛みを訴えていたお客様。Mさん。ご本人の記憶にはありませんでしたが、右足首に捻挫をしたと思われる歪みがありました。仙骨1番に腰痛が、肋骨10番には背中の痛みも。
初回の施術でつらい頭痛が改善されたEさん。

2回目にお越しになった時には肩こりが気になるとのこと。施術後、「肩こりになってもマッサージじゃなくて、あず先生のところに行った方が早くラクになれますね。」という嬉しいメールをくださいました。

右膝の痛み・違和感の原因は腰椎の歪み

右膝の痛み、違和感があるという50代女性のお客様。 初めの揺らしでは、股関節が安定せずギッタンバッタンと足がベッドから落ちる位に暴れていました。特に左足が安定しない様子。

メイクのお仕事をされているMさん。30代女性。背中の痛み(肋骨12番の右側)が辛い。
「9月からブライダルシーズンで仕事が忙しくなるので、その前に少しでも背中の痛みが楽になれたら」...と、川越にあるAZU骨格調整所にお越しになりました。
「ちょっと前のことなんですが、運転中に追突されてむち打ち症になってしまって。頭痛と首の痛みがひどくて...みていただけますか?」と問合せがありました。 伺うと事故は3ヶ月前。「むち打ち症?事故から時間が経てば経つ程、どんどんキツくなるから、なるべく早くいらしてください!」とお伝えし、さっそく施術を受けにいらっしゃいました。
40代男性。Kさん。6歳の時、風呂場で転倒、後頭部と背中を強打。その後視力低下、疲労感、背中の痛みやハリなどが始まった、とおっしゃいます。

もうすぐ引越しを控えており、引越すまでにつらい背中の痛みやハリをどうにかしたい...とお越しになりました。
病院に行ってもなおらなかった【背中の痛み】に悩んでいた50代男性のお客様。以前から通われているお客様のご紹介で、AZU骨格調整所にいらっしゃいました。
「病院で治らないものが、なおる訳ないでしょ...」「この背中の痛みは神経からきてるんだから骨と関係ないし...」と不信感たっぷりです。
ランニングを始めてから股関節痛を感じるようになったというお客様。「少しずつ距離を延ばせるようになって、ちょっと頑張りすぎちゃったかな〜」「左の股関節が痛い」とおっしゃいます。

学校の健診で「側湾症気味」と言われた高校生の女の子。Iさん。ご本人も背中の痛みや、背骨全体に違和感がある、だるい、股関節の痛みなど、つらい思いをされていました。
「1年程前、1週間以上頭痛が続いたので脳神経外科へ行ったものの異常無しと診断を受け、頭痛薬を飲み続けていました」...という慢性の頭痛にお悩みの30代女性のお客様。

一番つらいのは頭痛でしたが、寝違えのような首の痛みや、肩こりなど、他にもたくさんの症状にお悩みでした。
「ラジオ体操に行ってから腰痛がどんどんひどくなってきて、【左のお尻〜太ももの後ろ〜膝の後ろ〜足の甲】も痛みとしびれを感じるようになってしまったんです」という、50代男性 Fさんのケース。

「なんだか最近、身体がだるいんだよ。ずっと疲れている感じ。」というお客様。

「わかります。寝ても寝ても眠くないですか?」と伺うと

骨盤のゆがみの調整で便秘がスッキリ

2回目の施術にいらしたお客様。「(初回時つらかった)頭痛やめまいは楽になりました。でも今度は便秘で下腹部が張ってしまって...」とおっしゃいます。

「この辺りがハリが強くて...」と指差した場所は恥骨の左上。仙骨4番の前側にあたる場所でした。
18歳という若さでありながら数々の不調に悩まされてお越しになったお客様。

「めまい、頭痛、首の痛みがつらいです。肩こりもひどくて...」

「いつから辛いの?」

「小学生の時に肩車から落ちて、頭(後頭部)を強く打ったんです。その後からめまいや頭痛が始まりました。」

骨格の歪みを確認すると、やはり頭蓋骨に大きな歪みがありました。

もともと高血圧気味だという50代男性、Hさん。「数日前から頭痛もあり、なんかおかしいと思って血圧を測ったら、いつもより高い危険水準になっていた」とおっしゃいます。

HSTi骨格調整の理論のなかで、高血圧・低血圧など、血圧と関係の深い骨格構造は1番や5番と関係する骨の歪みということが数々の症例からわかっています。

30代男性。顎関節症を初めとして、たくさんの症状をかかえてお越しになりました。 「顎がジャリジャリと音がして、顎の開閉の時にカックンとなるんです。頭もずれている感じで気持ち悪い。」というHさん。

遠方の静岡県からお越しいただいたSさん、HSTI骨格調整をうけて顎関節症が改善、「噛み合わせがよくなった」という感激の報告メールです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
番場先生

今日はとても不思議な体験をしました。
正直な話、私は「骨が動くわけない」と思っていたんです。
暗示にかけられて、治ったような気がするんだろうと思っていました。

ところが!不思議なことが起こったんです。

2011年3月 過去の症例

HSTI症例カテゴリ