HSTI症例記事

激痛 寝 違い こどもと一緒になって寝ていた。

寝 違い 2人のこどもと川の字になって寝ていた。狭いスペースで寝ていたら、それが悪かったのか、翌朝首を動かす事ができないほど、首がまわらず激 痛。Aさん30代女性。
毎日朝起きると頭が痛いという事で来所されたAさん女性60代(沖縄市在住)。 2016年4月下旬に初めて来られました。

むち打ちって首だけじゃないの!?

交通事故でむち打ちになっていらっしゃった30代の男性 「むち打ちであちこち治療に行ったんですけど良くならなくて。」 「おつらいと思います。どういう治療されました?」


生理痛のかいぜんとオマケ

生理痛と腰痛を訴えていらっしゃった20代の女性 「施術法がなんかわからないけどいいらしい、と聞いてきてみました」
30代の女性 2週間ぶりのお客様、マスクをして来院です。

まっすぐ歩けなかった足の歪みが改善

杖をつきながらいらっしゃった60代の男性「骨を直せるって聞いてきたんだけど、この足もなおせっぺが?」拝見すると、交通事故の影響で足が曲がり、 まっすぐ動かせなくなっています。

アトピーで、よくならない湿疹、改善できます!

やっとアトピーの症例を自信をもって皆様にご報告できます。 私自身、アトピーに悩まされてきました。 HSTIに出逢い、「骨の歪みをただせばアトピーが改善する」と聞いて 調整をしてきました。 施術の積み重ね、症例の積み重ねでいまご報告できることは 肌質、アトピー体質に関しては、よくなるとはまだ言えません。

首肩から腕のビリビリするしびれ

「3年前から首肩のしびれがあり、先日両腕をあげたら腕までビリビリするようにしびれだしてしまったんです。」とご来所されたKさん(埼玉県川越市在住、20代男性)。Kさんは交通事故を3回も経験されていることもあり、身体にためこんだ歪みも相当大きなものでした。

頚椎症と診断されたAさんから嬉しいメッセージ

昨日知人の方から紹介され来所されたAさん。 症状は多岐に渡ります。 手のひらの麻痺、 頚椎症、 座骨神経痛、 顎関節症、パニック障害。 アトピー性皮膚炎。アスペルガー症候群のため空気が読めない、 コミュニケーションが苦手 などです。 ご本人が一番悩んでおられるのは両手のひらの麻痺。

慢性的に「だるい」20代女性。

「だ るい」という感覚は、けっこう多くのかたが感じた事があると思いますが、これが慢性的になって悩んでいる方も多くいます。夏バテの時期も過ぎても、だるさ が抜けず、いつも疲れを感じ、日常生活自体の取り組みが億劫で、横になって身体も休めてもだるさが抜けず、だるさのスパイラルから抜け出せないのがその特 徴です。Aさん20代女性。

HSTI症例カテゴリ