近視/近視回復 HSTI症例記事一覧

沖縄生まれのHSTI骨格調整法へようこそ!こちらは「近視/近視回復」の症例一覧カテゴリになります。近視/近視回復でお悩みの方はぜひご覧ください。

現代医学的な解釈が一般的ですが、HSTI骨格調整法ではこうした症状と原因の関係を骨のゆがみに因るものだと捉えています。骨のゆがみをじんわりと戻すHSTI骨格調整法での改善例を次にご紹介します

去年から斜視の改善と視力アップを目的として月に一回ペースで通ってくださっているAさん(中学生)。学校の視力検査で左目の視力が0.1、右目は1.5という結果が出たそうです。



側湾症による骨の歪みでお困りの方がおられます。このような症状の場合、大きく歪んでしまった肋骨を直接調整しようとしようとしてもなかなかうまくないケースが多くみられます。




視界がはっきりしている 近視/近視回復

沖縄市在住のAさん30代女性のお客様、左鼠蹊部の痛みや顎の痛み、時々腰痛があるそうです。先日施術を受けて頂いたのですが、施術後の感想をメールで頂きましたのでご紹介させて頂きます。
Tさんは社会人になった頃から近視が進み、眼鏡をかけるようになったそうですが、もう一つの嬉しいご報告とは、目の調子(近視の回復)に関する事でした。
目の周りのゆがみが、近視や眼精疲労を起こし実は『身体のだるさ』にもとても関係します。一回の調整で目の調子(視力)が良くなったKさん30代女性を紹介します。

遠く沖縄まで施術にこられたYさん。

近視に加え、色覚のバランスが悪く、目の焦点が合いにくいと言います。

HSTI症例カテゴリ