クリック音が消えない顎関節症 HSTI症例記事一覧

沖縄生まれのHSTI骨格調整法へようこそ!こちらは「顎関節症」の症例一覧カテゴリになります。クリック音が消えない顎関節症でお悩みの方はぜひご覧ください。

現代医学的な解釈が一般的ですが、HSTI骨格調整法ではこうした症状と原因の関係を骨のゆがみに因るものだと捉えています。骨のゆがみをじんわりと戻すHSTI骨格調整法での改善例を次にご紹介します

夜寝ている間に舌の下面が歯に当たってしまい毎回起きる度に、刺さって食い込んだ跡のような痛みでお悩みだったAさん40代女性(読谷村在住)。
おはようございます

顎関節の痛みが強く、各所不調です。
空きがあれば、今日施術を受けたいです。
初回の施術で「お顔のゆがみ」「顎関節症」「肩こり」が改善したNさんから改善のメールが届きました。ご紹介します。
昨年の3月11日震災の影響で関東から沖縄へ移住された60代女性 Tさん 
震災前の2月に突然 顎の痛みが始まり 病院へ行くと 左顎関節症診断。
それに伴い不正交合による左奥歯上下の痛みと喉の痛みが起き デンタルオフィスで治療。
3月11日の震災後 沖縄に移り住み 沖縄の歯科と病院で治療を進めますが  
変化が見られず「骨格調整を受けてみたら?」という家族のすすめで来所されました。


顎関節症。口開けても...ほら!痛くないです。

顎関節症の初期と診断されたA君。
小さい頃から,アゴがグラグラする感じと、歯の噛み合わせ悪く、歯並矯正をして整えていました。しかし、身体が大きくなってきて、おさまっていたアゴの違和感がまた出てきたそうです。

 

「頭痛も腰痛もだいぶ楽になりました〜。痛いときも長引かず、先日の寒さもこれは腰に来るかな...とこわかったのですが、雪の寒さにも負けず大丈夫で本当に助かりました。」 の、20代女性Iさん(埼玉県新座市在住)。その後、一番辛かった顎関節症、噛み合わせの悪さにも少しですが嬉しい変化が出てきました。
先日このブログに登場したMさんからまた嬉しい報告がありましたのでご紹介します。口をあけるとカクカク音が鳴ったり、大きくあけると痛みが出たりする症状、顎関節症が良くなったようです。(こちらは前回の記事です。調整して頂いて時間経ちますが、骨盤の調子が今まで生きてきたなかで一番いいです。
口が真っ直ぐ開かない 大きく開かない 顔のゆがみが気になると悩む 浦添市在住40代女性Aさん 友人から「顔を整えるならここがいいよ」と薦められ来店されました。 以前から顔のゆがみは気になっていたようですが 顎が思うように開かなくなり 歯医者にも行けず悩んでいたそうです。

前回のブログ顎関節症についての「顎関節症 噛み合わせが良くなりハンバーガーが食べられるようになりました。」を読んで頂いた方が噛み合せを悪くし似たような症状を訴え本日来所して頂きました。そんな沖縄市在住の女性看護助手Bさん20代の方の症例改善ブログです。メールで嬉しいメッセージも届きましたので、ご紹介させて頂きます。


顎の噛み合わせが悪く、顎がうまく開かないSさん20代女性の顎関節症の改善例をご紹介いたします。Sさんは偏頭痛にも悩まされておられますが、そんなSさんの、偏頭痛/片頭痛、顎関節症がどのように改善していったのかを記していこうと思います。




顎関節症 過去の症例

HSTI症例カテゴリ