五十肩とは(症状、治療法) HSTI症例記事一覧

沖縄生まれのHSTI骨格調整法へようこそ!こちらは「五十肩とは(症状、治療法)」の症例一覧カテゴリになります。五十肩とは(症状、治療法)でお悩みの方はぜひご覧ください。

五十肩とは(症状、治療法)とは

五十肩とは、今まで何の異常もなかった肩が、ある日突然、激痛とともに動かなくなる肩関節の周りに起こる炎症のことで、40代から50代の人に多く見られる運動器系疾患の一つです。

五十肩になると、最初肩関節付近に鈍痛がおこり、腕の可動範囲の制限が起こります。腕をねじったり上げ下げすると肩に痛みが起こり、思うように動かせなくなり、日常動作がしづらくなります。

五十肩とは(症状、治療法) の続きを読む

現代医学的な解釈が一般的ですが、HSTI骨格調整法ではこうした症状と原因の関係を骨のゆがみに因るものだと捉えています。骨のゆがみをじんわりと戻すHSTI骨格調整法での改善例を次にご紹介します

五十肩と左膝の違和感に悩んでいた50代男性のTさん(埼玉県川越市在住)。当施術所にて肩こりと右手のしびれが改善された奥様のご紹介でお越しになりました。

ご紹介でいらしたSさん、60代女性の方。埼玉県川越市在住。
肩こり、五十肩、腰痛、肘の痛みや手のしびれを初め、多くの症状にお悩みでした。骨格の歪みを拝見すると首の付け根や各関節部分、背中など、あちこちが不自然に盛り上がり、相当歪みを溜め込んで来た身体だという事が伝わってきました。

「首肩がずうーと痛かったんだけど、最近腕が痛くて上がらないんです。会社で四十肩かしらといったら、Rさんはもう50になったから五十肩と言われちょっとショックでした」
 
50になったばかりのRさん、とはいえまだまだ40代前半に見える若々しい方です。

五十肩のような痛み、腰痛の症状で来店されたTさん70歳。
Tさんが待合室で座っていると、コアの様子を見に来ていた開発者比嘉進先生と
バッタリ。  

五十肩になってたのは20年以上前の尾骨の強打

五十肩 ということで、肩の痛みを訴え来店したお客様。
右腕も上がらず、着替えるのもつらいそうです。

むち打ち症で上がらなかった五十肩の腕があがった!

最初は首の痛み(むち打ち症)で来所されたのですが現在は改善し、未病予防、全身の骨格をゆがみのない状態にするために通われています。首痛以外に五十肩もあり、それも改善したのでご紹介します。
【五十肩とは の続き】
五十肩の特徴として肩の背中側を手で押してもあまり痛くありませんが、肩の胸側を押すと強い痛みを感じます。次第に痛みは鋭いものになり、急に腕を動かす場合などに激痛が走るようになります。

五十肩の痛みは片方の肩だけの場合と、一方の肩が発症してしばらく経つともう片方の肩にも発症してしまう場合とがありますが、片方の肩が発症してしまうともう一方も発症する確率が高いようです。また痛みのピーク時には肩の痛みとともに腕全体にだるさや痺れがあることもあります。

初期の症状が始まってからピークを迎えるまで数ヶ月を要し、ピークは数週間続き次第に和らいできます。痛みの度合いにもよりますが、鋭い痛みが感じられなくなるまでに半年前後、さらにボールなど物を投げられるようになるまでには1年前後かかります。

腕の可動範囲を発症前の状態まで戻せるかどうかは、痛みが緩和した後のリハビリ次第ですが、多くの場合発症前の状態ほどには戻らないことが多いようです。

HSTI症例カテゴリ