パソコンしすぎか、手首の痛みと腱鞘炎  HSTI症例記事一覧

沖縄生まれのHSTI骨格調整法へようこそ!こちらは「手首の痛み/腱鞘炎」の症例一覧カテゴリになります。パソコンしすぎか、手首の痛みと腱鞘炎 でお悩みの方はぜひご覧ください。

現代医学的な解釈が一般的ですが、HSTI骨格調整法ではこうした症状と原因の関係を骨のゆがみに因るものだと捉えています。骨のゆがみをじんわりと戻すHSTI骨格調整法での改善例を次にご紹介します

僕の音楽仲間のギタリストから腕の痛みの相談を受けたのが2014年のライブハウス ヒューマンステージでの新年会。それぞれ出席者が新年の挨拶や近況報告のようなスピーチをしながら会は進み、彼にもマイクが回っていきました。海外のバンドともビッグステージで競演した経験をマサ一撃さん。

全国にも名を轟かす轟音バンド地獄車や鉄カブトのギタリストです。 彼はスピーチの中で「腕の痛みがあるため、自分がイメージする演奏とは程遠い状態だ、だから引退しようかと考えたこともあった」と。
孫の学校行事に参加し、レクレーションでのバレーボールで手首を打撲したCさん。60代女性(沖縄県中頭郡在) その後、病院に行って診察を受けたが3ヶ月程痛みが引かず悩んでいた様子です。 

職業柄で手首の痛みを訴え来所された(沖縄県うるま市在住)20代女性Kさん。

整体士は身体の全体重で親指に圧をかけ腕・手首・指に負担がかかりますので、とても痛いと思います。

「歯に詰め物をしてから感じていた口の中の違和感 骨格調整で消えた」でご紹介したOさん、50代女性。その後の経過をご紹介したいと思います。

最初の頃に一番気にされていた首肩の痛みは4回の施術で楽になっていただけたのですが、右手首の痛み・腱鞘炎と指先のしびれがその後もなかなか取れずにいました。
毎日練習に励む高校球児Yくん 野球部監督を務めるお父さんの影響で小さい頃から野球を頑張ってきました。高校に入り守備はキャッチャー。 ピッチャーの投げる球をグローブに受け 左手にはかなりの衝撃があると思われます 1週間ほど前から左手親指付け根 手首に痛みを訴え来所されました。

手首の痛みは足首の歪みとつながっていた!

以前はイライラしてこどもにあたったり、自分を好きでいれなかった女性。骨格調整をうけることでそれもなくなり、寝込むほどの頭痛もとれて、自分を好きでいれるようになりました。今では月に1度、調整を受けにいらっしゃるのですが、この時は手首の痛みでお困りのようでした。料理等の家事をするにも手首の痛みがあると大変です。手首は触らずに足の調整でスッキリ手首の痛みがなくなってしまいました。
 今回の症例はバンドで音楽活動をしドラムやベースギターを演奏する方Aさん
20代男性の腱鞘炎について報告させて頂きます。

お身体の悩みがあると楽しい趣味や仕事も楽しむのが困難になってきます。
そんな方々に参考になればと思い、今回の症例を紹介致します。
手首の痛みや腱鞘炎はパソコンユーザーにも多いのでぜひご覧ください。


毎日赤ちゃんをだっこ。「腱鞘炎かしら」と手首の痛みがつらく来店されたAさん。
「手をつくのも痛くて怖い」 

症状:腱鞘炎、手首の痛み、右胸のしこり、背中、股関節、肩、首の痛み

Aさんの手首の痛みの原因は昔の交通事故だった!? 

 かなりタフなお仕事をされているKさん。打撲も日常茶飯事です。この日は機械で手首を負傷してしまい、腱鞘炎になってしまいました。手首の痛みがつらく、打撲したらすぐに伺うように以前伝えてあったこともあり、怪我をしてすぐにいらっしゃいました。

手首の痛み/腱鞘炎 過去の症例

HSTI症例カテゴリ