背中の痛みが取れない HSTI症例記事一覧

沖縄生まれのHSTI骨格調整法へようこそ!こちらは「背中の痛み」の症例一覧カテゴリになります。背中の痛みが取れないでお悩みの方はぜひご覧ください。

現代医学的な解釈が一般的ですが、HSTI骨格調整法ではこうした症状と原因の関係を骨のゆがみに因るものだと捉えています。骨のゆがみをじんわりと戻すHSTI骨格調整法での改善例を次にご紹介します

「1年前の交通事故(車の正面衝突)でむち打ち症になり脳脊髄液減少症※1を患いましたが現在は完治しています。脳外科でも整形外科でも頭の骨には異常はないと言われました。完治して異常がないと言われたけれど今でも首と背中の痛みや肩こりが辛いんです。」という40代女性のHさん(埼玉県飯能市在住)。
1ヶ月ほどまえから左肩甲骨の内側に痛みと腫れがあり、湿布なしでは過ごせなかったというEさん。(60代女性、神奈川県在住)病院に行ってもよくならず、娘さんのご紹介で骨格調整を受けにお越しくださいました。

腰痛、背中の痛みが改善

40代 女性 Kさん

腰痛があり通い始めたKさん、今では症状もすっかり改善して2か月に1度、お身体のメンテナンスでいらっしゃいます。

背中の痛みが楽になった!

30代女性。

3年前首が支えられなくなり、首や背中の痛みのため病院の整形外科でけん引の治療をしていました。

背中の痛みとしびれが改善

30代 男性 Tさん
10年前から背中の痛みとしびれ、首の痛み、腰痛があります。

「今年の冬に雪が多かったから毎日雪かきで、その頃から背中の痛みや腰痛が出てきて、終いに坐骨神経痛まで出てきた」
 
この方は60代男性Aさん、骨格のチェックに入る以前に見た目ですでに左に傾くような側弯をしていて、背中の痛みや腰痛さらには坐骨神経痛が出てもおかしくはない状態でした。
施術後、頭痛、背中の痛み、首の痛みなどの症状が改善されて、長年ガンコなものでしたが、こちらで7回ほど施術を受けてほとんど痛みが無くなりました。という嬉しい声を頂けました。

背中の痛み 側弯症の方の骨が動き始めました。

いつも背中も腰も痛いと言いながら来所されるAさん女性50代 (沖縄市在住)。Aさんは子供の頃から脚に傷を隠すためにいつも無理な体勢で座る癖がついていたそうです。それが原因で側弯症と診断されるほどの歪みを蓄えてしまったようです。

 「すみませーん 私初めてなんですが,肩こりとか背中の痛みとか腰痛もみてもらえますかね~?こちらは予約制ですか?」と飛び込みでいらっしゃった

浦添市在住の50代女性 Kさん。予約を取り 後日きていただきました。

 

「3年間、先生にじっくり調整していただいているので、ほとんど不快な症状はなくなりつつあるのですが、胃痛と背中痛が時々まだ出てくるんです。今日も胃痛と背中痛があります」

背中の痛み 過去の症例

HSTI症例カテゴリ