タグ「埼玉県川越市 HSTI・AZU骨格調整所の症例一覧」が付けられているもの

「頭痛も腰痛もだいぶ楽になりました〜。痛いときも長引かず、先日の寒さもこれは腰に来るかな...とこわかったのですが、雪の寒さにも負けず大丈夫で本当に助かりました。」 の、20代女性Iさん(埼玉県新座市在住)。その後、一番辛かった顎関節症、噛み合わせの悪さにも少しですが嬉しい変化が出てきました。
HPを見てお越しになった20代女性Iさん(埼玉県新座市在住)。頭痛・腰痛・顎関節症にお悩みでした。

「一番辛いのは顎関節症、横を向いて寝ていると起きた後にガクッとなります。口腔外科でマウスピースも作ったんですけど良くならなくて。あとは腰痛ですね。平成16年に就職してから重いものを持つようになって、平成20年にぎっくり腰になりました。それからずっと腰の調子が悪いんです。頭痛もあります。」
昨年の秋に自転車で転倒し右肩を骨折したIさん、埼玉県蓮田市在住の80代女性。娘さんに付き添われて来所されました。

「秋に自転車で転んで右肩を骨折してしまったのですが『骨折した箇所がうまくついていない、このままでは腕が水平よりも上に上がらなくなるから手術した方がいいですよ』とお医者様で言われました。でも手術は嫌...。
ご紹介でいらしたSさん、60代女性の方。埼玉県川越市在住。
肩こり、五十肩、腰痛、肘の痛みや手のしびれを初め、多くの症状にお悩みでした。骨格の歪みを拝見すると首の付け根や各関節部分、背中など、あちこちが不自然に盛り上がり、相当歪みを溜め込んで来た身体だという事が伝わってきました。

埼玉県秩父市在住のOさん、50代女性。

以前からAZU骨格調整所に通われているOさんのお姉様が
「妹もあちこち痛いって言っているのよ。私がこんなによくなったから、妹にもあず先生の所に行くように勧めたんです。忙しく仕事しているから身体にかかる負担も大きいのかしらね?あちこち痛いって言っているので妹の事もよろしくお願いしますね。」とご紹介してくださり、通われる事になりました。
HPをみてお越しになった20代女性Yさん、埼玉県川越市在住。

「事務の仕事で毎日パソコンで作業しているんです。ずっとパソコン画面見ていると疲れちゃって。目が疲れて首や肩にくるのかな。」

Yさんは1年位前から、首の痛みと首筋に突っ張り感があり、肩こりもあるそうです。


ふじみ野在住の39歳女性です。4月にフローリングの家へ引っ越してから、腰痛と膝の痛みがひどくなりました。
 
ピラティスをずっと習っていて、ちょっとしたこりや痛みでしたらストレッチで直っていましたが、ピラティスマットを引く元気もないくらい、疲れやすい毎日です。
足の痛みと違和感があった40代男性Oさん。AZU骨格調整所に通っているお友達Kさんのご紹介で、Kさんとご一緒に来所されました。

「仕事は運送関係なんですが、台車で荷物を運ぶ時、段差で右膝をひねってから右足の痛みと違和感が強まっていったんです。ふくらはぎもパンパンに張っちゃって...。立っていても辛いんですよね。」

おんぶひもによる胸のつまりと産後の骨盤矯正

6ヶ月と2歳の男の子、2人の子育てを頑張っている30代女性のMさんとは第1子出産後からのおつきあい。第2子妊娠中は10ヶ月のマタニティライフも骨格調整でサポートさせていただきました。

「2人目を産んでから骨盤が開いたまま、戻りが悪い気がする」とのことで骨盤矯正と、子育て中の身体の疲れをとる為に継続して骨格調整に通ってくださっています。
Tさんは社会人になった頃から近視が進み、眼鏡をかけるようになったそうですが、もう一つの嬉しいご報告とは、目の調子(近視の回復)に関する事でした。
「だるくても、やるしかないんだ」と自分に言い聞かせて、どうにかこうにか動いている状態だった30代女性Tさん。
「嬉しい変化があった」と慢性疲労の改善報告メールをいただいたのでご紹介させていただきます。

背中の痛みの改善例

「ここ1ヶ月くらい右脇腹というか背中の痛みが取れないんです」と来所された50代女性Sさん。お話を伺うと交通事故やスキーの転倒等、打撲歴も多いようです。お身体を拝見しても骨格の歪みをたくさん溜め込んでいる状態でした。
柔道整復師の30代男性Mさん。今年5月から坐骨神経痛で左のお尻から左足裏にかけてのしびれが辛く、背中痛と腰痛もありました。「自分の治療は自分でできないから」...と、インターネット検索で探して、8月初旬にHSTI・AZU骨格調整所にお越しくださいました。

頭を支えるのも辛かった首の痛み

「あまりに首が痛いのでカラー装着。頭支えるのも辛い。事故の怪我は甘くみると後々でこうなるので気をつけましょう。ロキソニン二錠飲んでもあまり効かないなぁ。」

川越では言わずと知れた人気店。「もも焼き屋 一仁」のご主人、一仁さんがこんなツイートをされていました。
東京都渋谷区在住の30代女性Kさん。「1週間程前から左の骨盤の下の奥の方が歩くと痛いんです。同僚のTさんに骨格調整の話を聞いて、私も受けてみたいと思って。」...と足の痛みを訴えられてHSTI・AZU骨格調整所にいらっしゃいました。
「座っていると上半身が落ち着かずにフラフラするんです。歯を食いしばっていないと重心がとれないので、疲れてしまって...。それから常に口呼吸なんです。息が浅くて、息が吐ききれないし、吸い方もよくわからない感じです。」
「孫にお馬さんをしてあげてから腰の調子がわるくて、ぎっくり腰みたいになってしまいました」と常連のお客様MさんからのSOS。

2年前から辛い右膝の痛みをかかえていた70代男性Nさん。「レントゲンを撮ってもらったら骨の間が狭くなっている、と言われました。こういうのもこちらで良くなるんでしょうか?」...とお越しになりました。
坐骨神経痛に悩まされていた70代女性Sさん(埼玉県川越市在住)。ご家族のご紹介でHSTI・AZU骨格調整所におみえになりました。「左のお尻あたりから太ももの裏がしびれます。ひどい時は足のほうまで。歩くと痛いんです。歩かない時は平気な事が多いんですけど。」とおっしゃいます。
整形外科で脊柱管狭窄症・側湾症と診断され、手術を勧められていたAさん、70代女性(埼玉県南埼玉郡白岡町在住)。

「腰痛がひどくて。左の腰から足にかけてしびれてビリビリします。6月には整形外科で脊柱管狭窄症・側湾症と診断されました。先生は手術をすすめるんだけど、私は手術は嫌!って言い続けて...。そうしたらお薬をいただいて、血管を広げる薬や筋肉を和らげるお薬や痛み止めなど今は6種類ものお薬を飲んでいるんです。でもよくならないし最近は杖が無いと心配で外出できません。背中も首も痛いです。夜も痛みのせいかよく眠れないんです。」

  1 2 3 4 5 6 7  

HSTI症例カテゴリ